<   2007年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

UCCが7月からコーヒー豆の価格を値上げするそうです。BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)などで消費量が増えたためで100gあたり約30円値上げ。
実はコーヒーブームなのでしょうか?

 「中国広西チワン族自治区博白県で地元政府の「一人っ子政策」の取り締まりに住民が反発し政府機関の建物を壊すなどした事件で、近接する県でも29日、数千人の住民が政府庁舎に火を放つなどして治安当局と衝突したことがわかった。死者が出たとの情報もある。」

このニュースを聞いて驚いたのはまだ一人っ子政策をやっていたことと、人権を無視した前時代な取り締まりをまだやっていることです。どんどん変わってきてはいても地方の自治区などではまだこんなものなんですねーなんでもデモの呼びかけには携帯メールが使われているので当局では目を光らせているそうです。
政策で命を奪われる国、親の虐待で命を失う少子化国。どっこいどっこいですね
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-31 07:59
安倍首相は29日あった政府の地球温暖化対策推進本部の会合で、12年度までに全国の政府官庁に太陽光発電パネルを設置して屋上緑化を進めるよう関係閣僚らに指示したそうです。官庁の規模にもよるでしょうが、効果を期待してというよりパホォーマンスとして行うようです。環境に関する検定なんかもできてきていますし、意識はかなり高まっているのではないでしょうか

 「臓器を買う人、売る人。日本国内でドナー(提供者)が少ないため、臓器を求めてアジアへ渡る移植患者が増えている。特にフィリピンでは非血縁者の生体移植が7割を占めており、ドナーの多くは「謝礼」を目的とする貧困層だ。臓器売買は倫理や安全の面だけでなく、世界的な臓器不足と貧困問題を念頭に取り組むべきだとの声が高まっている。」

フィリピンの提供者は30万円とか50万円で臓器を提供しているそうです。ちなみに移植にかかる費用は渡航費別で約900万円。それでも現地の貧困層だと一生かけても手にできない額だそうです。
日本で待っていて提供者が不足しているため時間がかかるのでしょうが・・・どうなのでしょう。倫理的な問題はもちろんありますが移植を受けなければ病状は悪化するわけですから。臓器売買を国として認めているフィリピンには問題がありそうですが、一概に批判もできませんね
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-30 08:01
買って食べれば財政破綻した北海道夕張市の再建支援ができます―ネスレとファミリーマートは6月から、売上の一部を同市に寄付する企画商品を全国で限定販売するそうです。キットカット夕張メロンやじゃがバターコーンおむすび、夕張メロン蒸しパンなどが支援商品になるそうです。
ちょっと食べてみたいですね

 「経済産業省は自動車などの運輸部門の石油依存度を下げるための2030年までの道筋をまとめた「次世代自動車・燃料イニシアチブ」を発表した。国産バイオ燃料の価格を15年までに現在の約4分の1の1ℓ=40円まで下げたり、30年までに都市部の平均走行速度を2倍に引き上げたりする目標を掲げ、今年度から5年間で関連予算約2千億円を要求する。」

報告書によると、20年までに家庭用コンセントで充電できる「プラグインハイブリッド車」の本格的な普及や燃料電車も、30年までに現在のガソリン車並の価格で買えるようにするそうです。最近では映画祭などに出席するハリウッドスターもハイブリッド車と聞いたことがあります。
なんでも都心名物の渋滞の平均速度が時速1㎞上がると燃費が1%も向上するそうです!約2千億円でこのあたりをどうにかしてほしいですね。
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-29 07:58
ニコチンパッチなどを使って治療するより、我慢や気合で乗り切ろうとする禁煙方法がいまだに主流であることが、製薬大手ノバルティス ファーマの調べで分かったそうです。
禁煙箇所が増えるというより喫煙箇所が減ってくる中ですから、愛煙家も禁煙する方も大変そうです。しかしニコチン依存症を我慢と気合で克服ですかーやはり治療より大事なのは根性なのでしょうか

 「高血圧や高血糖といった生活習慣病の危険要因を同時に抱えると、心筋梗塞や脳卒中を起こす危険が高まるが、その程度は、太っているよりやせている人の方が高くなりやすいことが、厚生労働省研究班の調査でわかった。来年度からの特定健康診査(特定審査)の柱となる「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」の判断基準が、やせた人たちのリスクを見逃してしまう可能性を示したものだ。」

なんでも男女約7200人の死亡原因などを調べたところ、循環器病で死亡するリスクはBMI(体格指数)が25以上の人より未満の人の方が高かったそうです。どうなのでしょう?メタボと脳卒中や心筋梗塞とはあまり関係がないのでしょうか?結局のところ太っているいないに係わらずなる人はなるので、やせているからといって油断はできないというところでしょう。
長生きしたいかどうかは悩みますが、健康ではいたいので生活習慣を改める必要がありそうです。
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-28 07:59
ソニーがカラーの有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)ディスプレーの開発に成功したと発表しました。画面サイズが2.5インチ、厚さ0.3ミリ、重さ1.5グラムとのこと。商品化にこぎつければ液晶やプラズマテレビより薄型のテレビなんかも作れるのではないでしょうか!でも有機ELは確か寿命が・・・

 「バージニア工科大の乱射事件から1ヵ月が過ぎた米国で、イリノイ州に住む0歳児の赤ちゃんに銃の所有許可証が下りた。衝撃的な事件の後でも、銃社会・米国の現実は変わっていない。」

なんでも孫に名前入りの散弾銃を贈りたい、という祖父の願いがきっかけだそうです。父親が州に息子の名前で申請するときっちり身長や体重が記された許可証が届いたそうです。
許可証をだす州にも驚きですが、0歳児に名前入りの散弾銃って。。。これも文化の違いでしょうか?
日本の廃刀令のようにはいかないんですかねー
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-25 07:55
「イエローキャブ」と呼ばれるニューヨーク市のタクシーを12年までに全車ハイブリッド化するそうです。現在約1万3千台タクシーが走っていてハイブリッド車は375台だけだそうです。市の計画では来年10までに千台に増やすというのですから驚きです!
日本も各自治体これくらい思い切ったことができれば・・・

 「日本が商業捕鯨をやめ、かわりに調査捕鯨を始めて、20年がたった。この間、捕ったクジラは1万頭を超えた。調査捕鯨で捕れたクジラは、肉となって市場に出回っている。反捕鯨派からは「形を変えた商業捕鯨」との批判が根強いが、政府は「さらに調査が必要」との立場を崩さない。28日から、米アンカレジで国際捕鯨委員会(IWC)総会が開かれるが、手詰まり状態を打開する材料は見あたらない。」

クジラ肉の昨年の生産量は約5500㌧、5年前から倍増したそうです。20年間の調査捕鯨で捕獲したクジラは南極海と北西太平洋で1万頭を超えたそうです。この数字が多いのか少ないのかはわかりませんが、クジラ肉がスーパーに並んでいるところは見たことがありませんし食卓にもあがりませんね。
IWCやグリーンピースは商業捕鯨を禁止や反対していますが、本当に禁止する必要があるのでしょうか?そんなにクジラって数が減っているですかねー増えてきて海洋資源を食べまっくているとは聞いたことがあるのですが。クジラが増えてくるのが自然なのでしょうが、果たして地球にとっていいことなんでしょうか。

ところでクジラっておいしいのでしょうか?竜田揚げやベーコンなどの調理法をよく耳にしますが食べたことがありません。自分が捕鯨に賛成なのは単に食べたいだけなのかも
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-24 08:08
尾道の観光名物尾道水道向かいのライトアップが8月から再開されるそうです。日没から3時間程度で6色のライトを使うそうです。
去年の8月で打ち切られ、結局見ていなかったですからねー今度は見に行きたいです

 「民主主義の強さや儒教精神の名残から、とかく閉鎖的と評されていた韓国社会で、結婚相手や働き手として外国人が急速に増えている。韓国政府は結婚移民では「共生」をめざし、労働者政策では「管理」を徹底する。多文化を受け入れる社会の厚みは作り上げたいが、社会の不安定化は避けてたい--少子高齢化時代の国の「自画像」をめぐる悩みが透けて見える。」

結婚移民してきた外国人女性にはハングル語や料理、コンピューターなどの講習が無料で受けられるセンターなどがあるそうです。どうも背景には日本以上に少子高齢化が急速にすすんでいることがありそうです。
ですが外国人労働者に対する政策は管理の色合いが強いようで、雇用制度も企業寄り、賃金未払いや使用者の暴行なども社会問題となっているそうです。
お隣の国も色んな問題を抱えて大変そうです。島国の日本もそうですが単一民族の意識が強いのでしょうか?もっと広い目で物事を見ればよいのでしょうが、この意識を変えるのは難しそうです
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-23 08:02
話題になったサッカーくじ「ビック」の当選結果が20日決まり、1等5億6313万2913円が7本出たそうです。
5億円・・・もはや天文学的数字に思えてきます。しかし凄いのは今回の売上が61億2千万円!

 「中国産の食品や薬品を口にしても大丈夫なのか。安全性が改めて内外で問われている。中米パナマでかぜ薬を服用した患者が死亡。北米ではペットフードで犬や猫が死に、それぞれ毒性物質が検出された原料が、中国企業のつくったものだったからだ。中国では富裕層を中心に「食の安心」を求める声が高まっている。中国から農産物を多く輸入する日本にとってもひとごとではない」

なんでも中国産の安いキクラゲは別種のきのこに業務用インクで着色したり、硫酸マグネシウムや鉄くずなどを混ぜた薬品をつけ本物そっくりに見せているそうです。残留農薬を検査するものでは約800のうち基準を超える農薬などを検出したものは383件。
よくスーパーなどで見かける中国産の野菜などですが買いたくなくなるようなニュースです。ですが輸入の多くを頼っているので食べないわけにもいかないですから、検疫所での検査を厳重にするしかないですね
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-21 08:01
ナトリウム漏れ事故で95年12月以来運転を運転している高速増殖原型炉「もんじゅ」がナトリウム再注入を始めたそうです。
今度は安全に発電してほしいですね

 「「バイオマス」。二酸化炭素を大量に排出する石油などを除いた、もともと生物の有機物資源のことだ。その利用に電力業界が力を入れ始めた。石油や石炭より発電コストは割高になるが、二酸化炭素(CO2)排出量の削減をねらう。大口需要家の間で、CO2削減に関心が高まっていることも背景にある。」

なんでもこのバイオマスは木材や農産物など、自然界の資源を抽出した燃料のことらしいです。二酸化炭素の排出量は石油や石炭に比べると抑えられるそうですが、熱量がやはり低いそうです。四国・北陸・中部・関西電力などが取り入れていて、燃料は樹脂や木片を使っているようです。
四国電力の西条発電所では年間1万1千tのCO2の削減になったとか。メリットはこれだけでなく林業や製材業者が今までゴミとして捨てていたものが利用できるそうです。ただし山奥からトラックで運んでくるのでそれまでの移動でコストがかかるそうです。
地球のためなら多少のコストはしかたないですかねーそれにバイオ燃料と同じで従来は食料としていた植物を使ったりするので食料需要も問題になりそうです。
環境に配慮した発電は難しいですね
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-19 08:59
2月からの約3ヶ月間、嘉手納基地に暫定配備された「F22」ですがそれにも使われているステレス技術ですが、意外なことに起源は旧ソ連にあったそうです。ですがソ連はその軍事的重要性に気づかずに機密指定せずに出版。それをアメリカが実用化したそうです。
開発から30年近くがたちましたが、最初から「見えない」設計をしたステレス機はまだないそうです。今度のF22も小鳥ほどはレーダーに映ってしまうようです。意外です

 「広島が乗ってきた。勝率5割は、開幕時を除けば05年5月以来だ。この夜の勝因は、今季2度目の先発登板で、04年6月以来の先発白星を挙げた高橋だろう。「チームの勢いを壊したくなかった」と、140㌔代後半の直球とスライダー中心で最初から飛ばした。1回に2安打で1失点したが、2~6回は無安打。疲れの出た7回に一発浴びたが、被安打3、2失点で上々のマウンドさばきだった。」

ここ数年は中継ぎ要員でしたが昨年オフにブラウン監督に先発を直訴し、昨夜みごと勝利!今年は阪神にめっぽう強いようです。借金も返済しましたし、気が付けば順位は現在4位!この調子でプレーオフ進出ですかねー。
昨日は倉敷のマスカットスタジアムだったのできっと阪神ファンのほうが多かったのではないでしょうか。岡山県民はなぜか阪神ファンが多いように思います。星野監督効果でしょうか?
思えば自分も福山に来る前までは特にプロ野球に興味がなかったのですが1年たてばカープを応援してしまっています。不思議ですね
[PR]
by tuka0216 | 2007-05-18 08:08