<   2007年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

国連平和構築委員会の二代目議長国に日本が選ばれたそうです。なんでもこの委員会では、紛争経験国が内戦に逆戻りするのを防ぐため、紛争後の平和構築から復興までの一貫した戦力を安全保障理事会などに助言する諮問機関だそうです。
大任ですが、ある意味むずかしくて厄介な仕事を任されたようにも思えます。

 「中国に好感を持つ人が米国に好感を抱く人よりも多い国が、世界47カ国・地域中で見ると過半数の27に上ったことが、米国の民間調査機関ピュー・リサーチセンターが27日発表した世論調査で明らかになった。日本では61%が米国に好感を示す一方、中国については「かなり嫌い」「どちらかと言えば嫌い」が67%で、調査国・地域中で最も比率が高かった。」

この調査は47カ国・地域の約4万5千人を対象に電話や対面方式で行われたそうですが・・・すごく手間と費用がかかってそうです。
しかし日本は調査国中でトップですかー最近の中国製品問題も関係したのでしょうかね。草葉の陰で角栄首相も泣いていることでしょう
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-29 08:13
エジプト文化省は27日、古代エジプトのハトシェプスト女王(在位・紀元前1503年~1482年ごろ)のミイラを特定したそうです。すごいですよねー紀元前1503年ですよ!まだ日本の歴史は始まってもいないですし、その時代のミイラが今も残っているですね。ロマンです

 「液晶やプラズマなどの薄型テレビへの買い替えが急速に進み、大量に破棄されるブラウン管テレビの行き場がなくなりつつある。受け皿だった東南アジアでも薄型テレビ化が進み、需要は頭打ち。中国からは国際的な廃棄物規則を理由に輸入を拒まれている。それでも「家電リサイクル法」で定められた再商品化(リサイクル)目標の達成を義務づけられている日本の家電メーカーはブラウン管を捨てるわけにもいかず、業界からは「法改正が必要」との声が高まっている。」

ブラウン管テレビをリサイクルする際に問題になるのがブラウン管ガラスなのだそうです。このガラスを洗浄・破砕した後に直径4~5cmの塊にするそうです。この塊は精製カレットと呼ばれるそうなのですが、厄介なことにブラウン管以外への再利用が技術的に難しいそうです。
海外へ輸出するのは何か根本的な解決になっていないように思うので、何とか国内でブラウン管の生きる道はないでしょうか?精製カレットも基本的にはガラスなのでしょうから道はありそうな気がするのですが
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-28 08:07
韓国で「振り込め詐欺」の被害が急増しているそうです。なんでもこの1年間で被害額は330億ウォン(44億円)に達したそうです。中国と台湾の犯罪組織が新たな市場を求めて手を伸ばしてきているようです。
手口も日本のものとそう変わりないようです。こうなってくると気になるのが日本の振り込め詐欺は輸入したものなのでしょうか?それとも日本が輸出?

 「米下院外交委員会が従軍慰安婦問題で日本の首相に公式謝罪を求める決議案を可決することについて、政府は「引き続き理解していただくように努力するしかない」(塩崎官房長官)としている。自民党内には決議への不満もくすぶるが、安倍首相が訴える「共通の価値観に基づく日米同盟」に影を落としかねない事態だけに、政府としては、これ以上の問題の拡散は避けたい考えだ。」

なぜ今になって米国がこの問題に関心を寄せているのか多少謎ですが、ことがここまで大きくなってしまった以上なんらかの反応を示さないといけないでしょうね。個人的には日米同盟も大事なのですが、関係悪化ばかり気にして事実でないことにまで謝罪をしてもらいたくないです。その場の解決にはなっても後々問題になるでしょうから
米国が関心を集めているのはこの問題だけでなく、南京事件にも関心が高まっているようです。どうも日中関係が悪化することに神経を尖らせているみたいです。
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-27 08:05
酒税法では酒に水以外のものを混ぜる行為は原則的に酒類の製造とみなされ、免許が必要となるそうです。ですがこのほど政府が、自家製の果実酒を近所におすそわけしたり、ご馳走するのは違法ではないとの見解をしめしたそうです。ですがペンションなど宿での有料の提供はダメなようです。

「経済産業省原子力安全・保安院は、日本独自の台風や雷に強い風力発電所の設置を促すため、08年度に電気事業法で定めた技術基準を強化する方針を決めた。近年、台風や雷などの自然現象による破損が目立っている。クリーンな風力発電は地球温暖化対策の柱の一つでもあり、安定運転に向けた強化策に迫られていた。」

なんでも現行の技術基準は欧州主導の国際基準なのですが、日本の台風や雷は、この規定を上回る厳しい条件が必要なようです。故障や事故の原因で一番多いのは暴風や落雷だそうです。
風力発電の風車は大型で、羽の高さが100mを超えるものもあるので雷害はどうしても受けやすいですよね。しかしこの雷ってやつはどうにか有効に利用できないものですかねー高校生のころから個人的に考えてはいるのですが、いまだに現実可能でいい案は出てきません。うーん
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-26 08:43
バイオディーゼル燃料(BDF)で走る急行列車が今月、英国に登場したそうです。なんでも6ヶ月は1編成で走らせ、ゆくゆくは全編成をこの燃料に転換することを目指しているそうです。そうすれば同社の二酸化炭素の排出量を14%減らせるとか。
列車もバイオ燃料ですかーなんだか二酸化炭素を減らすことの躍起になっているように感じられるのですが、それ以外はいいのでしょうか?

 「県内で高齢者が家族から虐待を受けた件数が06年度に351件(354人)に上ったことが、県のまとめでわかった。06年4月の高齢者虐待防止法の施行を受けて初めて集計した。被害者の約8割が女性で、約4割が「息子から虐待を受けた」と答えていた。県は今後、他県や全国と結果を比較、分析を進める予定で、「虐待を防ぐための市町や地域の体制作りの参考にして欲しい」としている」

かなり衝撃的な内容なのに初め読んだときはあまりそう感じなかったことに驚きました。子どもの虐待でもそうなのですが、慣れてしまっているのでしょうか?だとしたら嫌ですねー。
自分の親や子どもが虐待し、挙句には殺してしまう。そんなニュースを見ても何も感じなくなってしまう。どっちも同じくらい恐ろしいです。
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-25 07:54
2011年にテレビのアナログ放送が終了するのに伴い生じる大規模な空き周波数帯の再配分計画が21日に決まったそうです。なんでも携帯電話や新たな携帯向けの放送に重点配分するそうです。
他にも防災無線や自動車の出会い頭の衝突事故などを防ぐ高度道路交通システムなどにも使われるとか。あらためて思いますが、技術の進歩って早いですね

 「地上に太陽をつくる「夢のエネルギー」として半世紀前から研究されてきた核融合炉。国際協力による国際熱核融合実験炉(ITER)の建設が年内にもフランスで始まる見通しで、日本も貢献が期待されている。5月下旬の東京大学・5月祭で開かれた核融合に関するシンポジウムでの議論をもとに、大きな節目を迎えつつある研究の現状と展望を探った。」

ついに核融合炉ですか!理論上は、燃料1gから石油8トン分にも相当するエネルギーが得られるそうです。米国ではレーザー方式の研究が進んでいて3年後の本格稼動を目指しているとか。
重水を利用して莫大なエネルギーが得られるので期待が高まるのですが、その分問題もあるようです。かかる予算も莫大ですし、日本には核アレルギーのようなものもありますから。
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-22 08:52
中国製の歯磨き粉から毒性のジエチレングリコールが検出された問題で、輸入・販売元が自主回収をはじめたそうです。歯磨き粉として使っても健康への影響はまずないそうですが、全国7千施設に約151万本が出荷されているようです。
中国製のピーマンからも基準値を超える農薬が検出されたり、おもちゃに鉛が使われていたりと最近なにかと話題です。しかし中国の方はこれらを普通に使って問題ないのでしょうか?抵抗力が日本人とは違うんですかね

 「自衛隊のイラク派遣を2年間延長する改正イラク復興支援特別措置法が20日、成立した。強引な国会運営が目立つ安倍官邸が選んだのは、またしても「強行」だった。審議では、イラクでの活動がなぜ、いま必要なのか、という説明責任も不在だった。英国をはじめ有志連合の国々がイラク政策でかじを切ろうとするなか、危険を増す現地で自衛隊の活動は続く。」

同盟国である米国との約束を重視する首相の姿勢は凄いですね!03年に成立した時は審議時間が73時間だったのに対して、今回は31時間半で半分以下。さらに審議で明らかになったのはイラクで活動を行う航空自衛隊の危険性だったそうです。
これで現地の自衛隊員になにかあったらどうするのでしょう?武士は約束も命がけだったそうですが、首相は隊員の命と自身の首相の座を賭けて約束を守ろうとしているわけですかーさすが美しい国。
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-21 08:06
北朝鮮がまた日本海へ向けて地対艦短距離ミサイル1発を発射したそうです。演習目的らしいですが先月と合わせると3発の短距離ミサイルを発射しています。
あいかわらず人民の命よりミサイルですかーこんな将軍様になんの意味があるのでしょう?
あっ、でも年金問題で責任のなすりつけあいをしている方々とそう大差がないのかもしれません

 「6者協議の米国主席代表、ヒル国務次官補は19日、東京入りし、マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮資金問題について「私の知るところでは本日、北朝鮮の口座に入った」と述べ、ロシアの銀行に送金されたことを確認。資金問題がほぼ完全に解決したことを明らかにした。」

これで資金問題が解決した北朝鮮がどうでるのでしょう?素直にIAEAの査察を受け非核化に進むのでしょうか。
ヒル国務次官補は日本が参加を保留している対北朝鮮エネルギー供給について日本にも参加を促しているようです。日本は確か拉致問題が解決しないと参加しないと言っていましたが、対応を変えるのでしょうか?個人的にはまだ折れないほうがいいように思うのですが
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-20 07:58
愛知万博で人気を集めた人型ロボット「wakamaru」(ワカマル)が1日あたり2万円で貸し出されるそうです。三菱重工が作ったこのロボットは簡単な会話やじゃんけんができるそうです。
虫プロか不二子さんのところとコラボしてア○ムとかコ○助のロボットを作って欲しいのですが

 「中国電力と三菱自動車は、同自動車が開発した電気で動く軽自動車「i MiEV(アイミーブ)」を利用し、屋外用の充電装置の共同研究を始める。09年3月までに充電方法の研究や自動車の走行試験を終え、10年にはアイミーブを年間千台を目標に販売する予定という。」

ベースは軽自動車「i(アイ)」で小型で高性能なリチウムイオン電池と、加速性に優れたモーターを搭載しているそうです。問題の充電装置はガソリンスタンドの給油機に似た急速充電器で約25分間で充電の8割が完了するそうです。25分で8割の充電はすごいのですが、電池への負担が多少気になります。それに中国電力はこの充電器を都市部のコンビニの駐車場などに設置を考えているそうですが、それだと25分間は長いと感じるかもしれません。
ちなみに家庭用のコンセントだと約13時間。「満タン」で約130~160kmの走行を目指しているそうです。走行距離も思ったより長いですし、走行中の二酸化炭素の排出量はゼロ。これは急速充電器さえ普及すれば期待できるかもしれません
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-19 08:05
韓国が北朝鮮に対して5万トンの重油支援を実行する手続きを始めているそうです。まだ国際原子力機関の査察も受けていないのですが、いいのでしょうか?最近めったに聞かなくなりましたが韓国にはまだ南北統一の意思があるんですかねー。

 「人体のどんな臓器や組織にもなり得るヒト胚性幹細胞(ES細胞)を研究する世界の施設の集まりである「国際幹細胞イニシアチブ(ISCI)」は、医療現場への応用を国際協力で進めるため、ヒトES細胞の「国際基準」づくりに乗り出した。世界各地の17研究施設で異なる方法でつくられた59のヒトES細胞を始めて比較分析し、そのデータにもとづいて標準化を進める。」

最近また話題になりだしたES細胞です。再生医科学にとってはすごいことなのかもしれません。ですがこの細胞を作るのにヒトの受精卵を壊して作るそうで倫理的な問題がありそうです。
臓器提供者の少ない日本にとっては画期的なのかもしれません。京都大学では受精卵を使わずに作る研究も進んでいるそうなので、ぜひ上手くいってほしいです
[PR]
by tuka0216 | 2007-06-18 08:04