<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

目が覚めて時計を見たら衝撃でした!

いつも起きる時間より1時間も遅く起きてしまいました。。。

ああいったときにまず我が目を疑い、次に時計を疑ってしまいました。
[PR]
今日は1958年にアメリカで初の人工衛星エクスプローラー1号が打ち上げられたそうです。ソ連に先を越されてしまった米国が大慌てで作ったようです。衛星はジェット推進研究所、それを打ち上げるロケットをアメリカ陸軍弾道ミサイル局がつくったそうです。
弾道ミサイルの技術がこういったところで活かされる・・・なんだか複雑です

 「原発の配管破裂事故や調達燃料のデータ改ざん発覚で、二度にわたって中断に追い込まれていた関西電力のプルサーマル計画が動き出すようです。電力業界の先頭を切って国から計画実施の許可を得ながら、他社に後れをとった関電は国の強い後押しを受けて、今後巻き返しを図るようです。」

今回動き出そうとしている高浜原発のある福井県の高浜町では反対派と賛成派で意見が別れているようです。
反対の理由としてはやはり安全面で、ウラン用に設計された軽水炉で、プルトニウムを燃やす計画は危険なのではというものです。ですがプルサーマル計画が開始されれば自治体に5年間で60億円の交付金が入るそうです。国から地方への交付金が減るなかで60億円は大きいです。また二酸化炭素削減に向けて原子力発電の必要性をこれまで以上に強調している政府が圧力をかけているようです。
関電さんの原発もトラブルが続きましたからね~地元住民の理解を得るのは難しいでしょう。交付金も大事ですがまずは信用回復が必要なのではないでしょうか
[PR]
by tuka0216 | 2008-01-31 08:14
1968年の今日はベトナム戦争でテト攻勢があった日なのだそうです。このテトとはベトナム語で旧正月を意味していて、暗黙の了解で休戦期間とする慣例があったそうです。ですが北ベトナム軍はこの隙をつく形で一気に攻勢にでたそうです。
この後、米国は勝利を諦め和平の道を探すことになったそうです。

 「インドネシアの鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染による死者が100人に達した、と同国保健省が28日に明らかにしたそうです。感染者は124人にのぼり、ともに世界最多だそうです。住宅地で鳥を飼育することを禁止するなどの対策も取られているようですが、歯止めがかからないようです。」

そろそろインフルエンザのシーズンも終わったかなと思っていたのですが、インドネシアでは大変なことになっているようです。放し飼いを禁止し週に1回消毒薬散布と鶏のワクチン接種を義務づけてはいるそうですが、徹底できていないようです。
日本では農水省がイラン、イスラム共和国、ドミニカ共和国、ポーランド、韓国などの国からの家きん肉等の輸入一時停止などの対策をとっているようです。これ以上感染が広がらなければいいのですが
[PR]
by tuka0216 | 2008-01-30 08:09
今日は1999年に地域振興券の交付が開始された日だったそうです。この券は一定条件を満たしている国民に1人あたり2万円分が交付されました。
僕も貰ったはずなのですが、何に使ったのか覚えていません。バラマキ政策としか思えないのですが、効果があったのでしょうか?

 「国土交通省は、歴史的な景観を生かした街並みづくりを進める地方自治体向けに、補助金制度を新設する方針を固めたそうです。制度を盛り込んだ「歴史まちづくり法案」を、文化庁などとともに今通常国会に提出するようです。」

古都保存法は京都や奈良などの10自治体を対象に周辺の土地開発の規制などをするものはあったのですが、今回の法案は歴史的建造物の補修や復元を支援する制度のようです。
文化財なんかに指定されている家なんかに住んでいる人は大変という話を聞いたことがあります。今回の法案で名前通り歴史的な街づくりに役立てばいいのですが
[PR]
by tuka0216 | 2008-01-29 08:01
今日は1986年に米国で打ち上げられたスペースシャトル・チャレンジャー号が爆発してしまった日です。原因は固体ロケットブースタ内のOリングが凍結していたため、打ち上げ直後そこから高温のガスが漏れ出したためだと言われているそうです。
クルーの7名が全員死亡という衝撃的な事件です。最近また宇宙開発を各国とも力を入れていますが、安全面には十分配慮してほしいです。

 「制御不能になっていた米国の大型スパイ衛星が2月下旬から3月上旬にかけ、地上に落下してくる恐れのあることがわかったそうです。」

なんでも06年の12月に打ち上げられ、軌道投入直後に制御不能になったものだそうです。大きさが約10tほどの小型バスくらいだそうですが、有害なヒドラジンや金属ベリリウムを積載しているかもしれないそうです。
大気圏に突入したときに燃え尽きてくれるといいのですが、まだどこに落下するかわからないようです。落ちなくてもスペースデブリ、落ちてくれば有害。どちらにしても迷惑な話です。
[PR]
by tuka0216 | 2008-01-28 07:55
d0107133_12365783.jpg

d0107133_12365719.jpg

カキ祭り現場です!
無料でカキが振る舞われていたり、もちろんカキフライやカキ雑炊なんかも食べられます。

僕はボタン肉の串・カキうどん・焼きカキ・雑炊と大満足です

ミニSLも走ってました
[PR]
d0107133_1032917.jpg

今日は会社の方と大竹市のカキ祭りに行きます!

先輩の車内ですがカッコイイ!
[PR]
今日は文化財防火デーなんだそうです。これは昭和24年の今日に法隆寺の金堂が炎上し、壁画が焼損したことから定められたそうです。
あと30年後とかに今の世界遺産や文化財は残っているんでしょうか

 「「延長」か「廃止」かが焦点となっているガソリン税の暫定税率に「環境」の視点が持ち込まれているそうです。「暫定税率を維持した方がガソリン消費を抑えられ、環境にやさしい」と政府・与党が主張し始めたようです。ただ、一方で道路建築を進めることも訴えているそうです。」

どうも「環境」に論点をうつすのには納得できないですねー。道路工事をすれば車が走るのですから環境には優しくないように思うのですが・・・。専門家の方々は暫定税率があれば買い替えの時にハイブリッド車や燃費の良さを考慮する人増え、長い目で見れば影響すると考えているようです。
ですが使われるのが道路に限定されてますからね、これが新エネルギーの開発などに使われるのなら納得できるのですが。ただでさえ使い道はグローブやユニフォームですからねーそんなことに使われるなら暫定税率暫定税率なんてやめてほしいです。

欧州などでは環境税(炭素税)は一般財源化されているそうです。民主党はこれにならい05年のマニフェストにも掲げていたのですが、今国会では総選挙に専念するそうです。
なんだか自民も民主も何をやってるんだか、本当この国の将来を考えて政治をしているのでしょうか?
[PR]
by tuka0216 | 2008-01-26 08:48
1924年の今日の第1回冬季五輪が開幕したそうです。この五輪はフランスのシャモニーで行われ、9競技だったそうです。2006年に行われたトリノオリンピックの競技数が15だったことを考えると少ないですね。
今年は北京五輪があります。日本勢の活躍にも期待していますが、はたして無事に終わるのでしょうか?

 「細菌のゲノム(全遺伝子情報)を人工的に合成することに、米クレイグ・ベンダー研究所のチームが成功したそうです。これまでより原始的なウイルスでの成功例のようですが、自己増殖能力を備えた生物である細菌のゲノムを人工合成したのは初めてなんだそうです。人工合成ゲノムを実際に働かせることができれば、細菌の人工合成につながるだけに、「人工生命」づくりに向けた大きな前進になるそうです」

この手の分野には全くの無学なのでこの人工的に作った微生物を何に利用するのか正直わかりません。ですがクローン技術や万能細胞といったように最近この分野もどんどん進んでいっています。
医学に役立ったり、食品の品種改良に使われたりと便利で有効なのもわかりますが何か引っかかるものを感じます。ありきたりのことを言えば命とかいうものが軽く考えられるようになったのでしょうか?
ですが倫理的な問題ばかり言っていても病気は治らないのも事実ですから、研究や技術の進歩は必要なのでしょう
[PR]
by tuka0216 | 2008-01-25 08:11
今日は給食記念日だそうです。戦後、昭和21年の12月24日に東京、神奈川、千葉で学校給食が再開されたそうです。現在は冬休みなので1カ月後の今日が記念日になったようです。
給食ですか~懐かしいですね。あのご飯に牛乳という組み合わせは割と嫌いな人が多かった気がしますが、個人的には好きでしたね

 「海外で日本企業による油田権益が、試練にさらされているようです。産油国のロシアやカザフスタンが権益の譲渡を求めるなど、原油高を背景に資源ナショナリズムが高まっているみたいです。政府は資源外交に活路を求めているようですが、中国やインドなど急成長する国々との獲得競争が激しさを増し、政府の「日の丸権益倍増」の目標達成には暗雲が漂っているようです」

政府は原油輸入量に占める自主開発原油の割合を現在の19%から30年までに40%へ倍増する目標を掲げていたのですが、どうも難しくなってきたようです。日本企業が開発に乗り出しているロシアのサハリン2やカザフスタンのカシャガン油田でも産油国側のロシアやカザフスタンが「環境破壊」を表向きな理由に工事を停止させるなどしているようです。そして工事を再開させるのに日本は権益縮小という対価を払っています。
この原油高ですからどこの国でも石油が必要なのでしょう。他にもイランのアザデガン油田は同国の核開発疑惑の影響で日本勢の権益が激減してしまったそうです。この状況で本当に政府のいう40%は実現するのでしょうか?
この問題といい暫定税率の問題も石油や資源に関する問題もこれからはもっと大きくなるんでしょうね
[PR]
by tuka0216 | 2008-01-24 08:09