<   2009年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

d0107133_17273175.jpg

山口県の鹿野にやってまいりました!

何でもおみくじの町なんだそうです。「恋みくじ」なるものがあったので、とりあえずやってみました。



・・

・・・大吉です!
どうなんだ。。。
[PR]
d0107133_12331421.jpg

d0107133_12331426.jpg

中国道の加西サービスエリアにやって参りました~

和牛ウマー
[PR]
d0107133_1217198.jpg

d0107133_1217196.jpg

舞鶴若狭道の赤松パーキングです

コロッケがうまい
[PR]
d0107133_10254516.jpg

ただいま山陽道を上り方面に向けひた走っております!

今日は山陽道、中国道を走破します
[PR]
 今日はサンフランシスコ講和記念日なんだそうです。1952年に日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)が発効し日本の主権が回復、国際社会に復帰したことに因んでいるそうです。
 ことのとき中華民国はこの条約には加わらなかったことを考えると今ではずいぶん関係が良好になってきてますね

 「29日、北京で行われる麻生首相と中国の温家宝首相による首脳会談で、日本が中国の環境汚染や廃棄物対策に協力する「日中環境・省エネルギー総合協力プラン」で合意するそうです。両国が重点的に取り組む4分野、計15項目を列挙。日本も大きな影響を受ける黄砂、酸性雨への対策や、膨大な二酸化炭素を排出する石炭火力発電所の設備改善などが盛り込まれるそうです」

 確かに黄砂や酸性雨なんかは中国だけの問題ではなく日本や韓国にも大きな影響を与えていますからねぇ。それに中国の参加がカギとなりそうな2013年以降の地球温暖化対策の国際枠組み(ポスト京都)づくりに向けて中国側の意識を高める狙いもあるそうです。
 なんにしてもこういった環境問題というのはその国の問題ではなく地球全体の問題ですから、技術が進んでいる国は発展途中の国に協力して対応のスピードを上げていかないといけないのでしょう。
[PR]
by tuka0216 | 2009-04-28 07:49
 今日は哲学の日なんだそうです。紀元前399年のこの日に、ソクラテスが毒杯をあおって刑死したことに由来しているそうです。ソクラテスの妻クサンティッペが悪妻といわれていることから「悪妻の日」ともされているそうです。
 ソクラテス、哲学・・・正直サッパリです。やはり自分みたいな頭では倫理や哲学は理解しづらいですねぇ

 「「休日の地方は1千円」になる高速道路料金の値下げが28日で1ヵ月を迎えるようです。高速道路各社の調査によると、19日までの1ヵ月間で、地方の高速道路の休日1日あたりの交通量(全国61区間)は昨年の同時期の約1.3倍に。本州四国連絡橋では3ルート合計で約2倍になったそうです。」

 想像以上の効果です。高松道・善通寺ICでは伸びが1.45倍にもなっているそうです。当然、四国など沿線の観光施設の利用者も、10~30%増となっていてこれだと経済効果も期待以上なのではないでしょうか。
 不況不況といわれていますから、定額給付金を使ってGWに遠出なんかすると少しでも不況も弱まるかもしれません。自分も出かける予定ですが、利用者が増えているということはそのぶん混んだり、渋滞になりやすかったりするので注意が必要ですね
[PR]
by tuka0216 | 2009-04-27 07:55
 今日は捨得物の日なんだそうです。1980年のこの日、東京・銀座で現金1億円の「落し物」が見つかったことに因んでいるそうです。ちなみに落とし主は現れず、拾った人に全額が渡ったそうです
 1億円ですかぁ~拾った人もさぞ驚いたでしょうね。でもいったい誰が落としたんでしょう?

 「政府は24日、2013年以降の地球温暖化対策の国際枠組み(ポスト京都)づくりに向け、京都議定書に代わる新たな議定書の原案を国連に提出したそうです。現状では温室効果ガスの排出削減の義務を負っていない中国やインドなど新興国、経済的に貧しい発展途上国にも削減を促しているようです。国連交渉に「復帰」した米国の支持を期待していますが、途上国側が反発するのは必至のようです」

 このポスト京都は、今年12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約会議(COP15)で決まることになっているそうです。準備にあたる作業部会は5月中旬、日本案のように議定書の条文で示された提案を参考に、各国に議長案を提示するそうです。ブラジルなどは、先進国だけに削減義務を課している京都議定書を手直しするのが適当との立場で新しい議定書をつくることに反対しているそうです。
 経済的にも貧しい途上国に、成長を妨げてしまう恐れもある削減目標を課してしまうというのは難しいでしょうね~でも地球の環境が悪くなって住めなくなってしまっては本末転倒。。。やはり先進国といわれ優れた技術があるわけですから、二酸化炭素の排出が少ない経済成長を協力していかないといけないのでしょう。
 米国の復帰は大きいでしょうから今後は計画通り削減していけるといいのですが
[PR]
by tuka0216 | 2009-04-25 08:41
 今日は植物学の日なんだそうです。植物分類学者・牧野富太郎さんの誕生日に因んでいるそうです。この牧野さんは1862年生まれなので幕末ごろでしょうか、高知出身なんだそうです。「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名もおこなった近代植物分類学の権威らしいです。
 お恥ずかしい話、自分は植物とか生物とかはサッパリです(苦笑)高校、大学と物理と化学しか勉強しませんでした。。。

 「西日本高速道路(NEXCO西日本)と本四高速は、ゴールデンウイーク期間(25日~5月6日)の高速道路の渋滞を発表したそうです。自動料金収受システム(ETC)搭載車への休日割引(普通自動車、軽乗用車上限1千円)の導入で各線とも交通量が増え、拾体の距離や回数が伸びると見込んでいるようです。そのあおりで利用者の減っている本四間のフェリー航路は正念場を迎えているそうです」

 自分も毎年ゴールデンウイークになると日帰りではありますがどこかプラプラ出かけてしまいます。一昨年は湯布院、昨年は出雲大社・・・今年はどこへ行くのでしょう?今のところ特に考えてはいませんが。
 しかしこの休日割引の効果は凄いですね~正直ここまで利用者が増えるとは思っていませんでした。このゴールデンウイークも遠出をされる方は例年よりも確実に増えるでしょうから、旅先でしっかり遊んで景気が少しでもよくなるといいのですが
[PR]
by tuka0216 | 2009-04-24 07:45
 今日は地ビールの日なんだそうです。日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年に制定し、2000年から実施しているそうです。1516年のこの日、バイエルン国王ウィルヘルム4世が「ビール純粋令」を発布したことに因んでいるそうです
 地ビールといえば岡山には独歩がありましたね。実はあまり飲んだことはありませんが(笑)呉でも見かけたような気がします。中国地方だけでもいいので一度地ビール飲み比べとかしてみたいですね~

 「米紙ウォールストリート・ジャーナルは21日、国防総省のコンピューターが何者かに侵入され、次世代の統合攻撃戦闘機(JF)F35の設計情報などが盗まれていたと報じたそうです。核心の情報には被害がなかったそうですが、F35の攻撃への防御力を高めるのに利用される可能性があるそうです」

 よく米国の国防総省のコンピューターに侵入できますね。自分は恐ろしくて試みようとも思いません・・・そもそもサイバー攻撃やハッキングの知識も技術もありませんし(笑)
 どうも前当局者の話として、侵入元は中国である可能性が高いそうです。中国は最近、空母を開発したり軍事関係に力を入れてますね~何をはじめるきなのでしょうか?あれぐらいの大国ですから何かするかもしれないと思わせるだけで周辺国にとっては十分脅威です。
 核心部分は無事とはいえ、ゲーツ国防長官がF35の導入を加速させる考えを示したばかりですから米国としては面白くないでしょうね
[PR]
by tuka0216 | 2009-04-23 07:57
 今日はアースデイなんだそうです。1970年に米国上院議員だったゲイロード・ネルソンさんが環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけたのが始まりなんだそうです。
 今となっては家電や車を買うときにさえ環境問題に対応したものを選ぶようになりました。ちょっと前までは意識するものだったのかも知れませんが、最近は構えたり特別意識しなくても地球環境への配慮がなされるようになってきているのではないでしょうか

 「米エネルギー省(DOE)は20日、原子力発電所の使用済み核燃料の商業用再処理施設や高速炉の建設計画を取りやめる方針を明らかにしたそうです。米原子力政策の大幅な転換となりそうです。商業用の再処理工場の試験運転が始まり、米に技術協力するはずだった日本も、経費や技術的な課題は山積みしているそうです」

 この建設計画は「国際原子力パートナーシップ(GNEP)」で示された米国内の中核部分で、原発のごみに含まれるプルトニウムが核兵器に転用されるのを防ぐ技術を開発し、そのための再処理施設を新しく建設。新型高速炉「先進燃焼炉」の開発も含み、米国版の核燃料サイクルを実現させる狙いがあったそうです。断念は、巨額の開発経費が見込まれるほか、新しい再処理技術を使ったとしても核兵器をつくることが可能で、やはり拡散につながるという見方が強いことも背景となっているようです。
 う~ん。全米には世界最多の104基の原発があって、使用済み核燃料が出続けていますからその処分、処理の方法として核燃料サイクルが断念されてしまうというのは残念です。自然エネルギーを使った発電だけで安定供給ができれば一番いいのでしょうが、やはり天候などに左右されるので今のような安定供給は難しいかと思います。そうなってくると他の発電に比べればリスクは高いでしょうが環境を汚さず安定的に供給できる原発、その使用済み核燃料を再処理して使う高速増殖炉などは有効だと思うのですが・・・。でも先行している日本でも技術的な問題がでていますからねぇ~やはりまだ難しいのでしょうか?
[PR]
by tuka0216 | 2009-04-22 08:03