勝手に中塚ニュース第491回

 今日は宇宙からの警告の日なんだそうです。1986年のスペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故に因んでいるそうです。作家・大江健三郎さんは「治療塔」の中でこの事故を「宇宙意志からの警告」と表現しているそうです。
 警告なのかどうかはよくわかりませんが、やはり宇宙へ上がるということはそれだけリスクを伴うということなんでしょう。技術はどんどん進歩していっていますが米国は今でもスペースシャトルですし・・・そう考えるとあのスペースシャトルは凄いですね!?

 「政府は、公務員の幹部人事を一元化を柱とする公務員制度改革の「工程表」を今週中にも策定するようです。霞が関の幹部人事や組織配置を内閣官房の新組織に集約し、政府課題に柔軟に対応できる体制を目指したうえ、天下りの根絶も目標に掲げているそうです」

 この天下りなんてこともいつまでやるんでしょう?なくなる日なんて本当にやってくるのでしょうか?なんとなく悲観的にしか見れませんが、今回の工程表の記事をみてみましょう
 この工程表の柱は、内閣官房に新組織「内閣人事局」を創設し、霞が関で人事管理を担当する人事院の企画立案部門、総務省行政管理局、財務省主計局の給与担当部門などを新組織に移管し、幹部人事や幹部公務員の育成を一元的に担う。という構想なんだそうです。
 う~ん・・・本当にこれでうまくいくのでしょうか?
この柱以外に天下りの根絶として●定年まで勤務できる環境整備●意欲と能力ある希望者の再任用の原則化●定年延長の検討なども掲げられてはいますが。どこまで効果があって、本当に実施されるのかはわかりません。
 本当に国や国民のことを考えてくれる政治家や国家公務員が増えてくれないかなぁ
[PR]
by tuka0216 | 2009-01-28 07:59

人生は旅なのです!!


by tuka0216
プロフィールを見る
画像一覧