人気ブログランキング |

2007年 09月 07日 ( 1 )

勝手に中塚ニュース第145回

1949年の今日にボンを暫定的な首都とするドイツ連邦共和国(西ドイツ)が発足したそうです。知ってのとおり第二次大戦の敗戦国ドイツは大戦後に東西で分かれてしまいました。その後ペレストロイカをきっかけにベルリンの壁が崩壊し、1990年に再統一しました。
今では米国・日本に次ぐ世界第3位の経済大国もいろいろ大変だったようです。どうでしょう北と南に分裂してしまったお隣さんもそろそろ再統一しないのでしょうか?最近は聞かなくなった太陽政策はどうなったのでしょう?

 「特定の金属を一定の温度で冷やすと電気抵抗がなくなる「超伝導」。この現象を利用して電気を送れば、電線の断面積あたりの送電量が大幅に増やせるそうです。さらに電力損失が減って二酸化炭素の排出量も抑えられるため、画期的な省エネ技術として期待されています。住友電気工業が米国で実証試験中で、既存の銅線にとってかわる日も近いようです」

現在の送電では、発電された電力は送電時に電線の電気抵抗などでいくらかの損失が出ます。その損失は年間約485億キロワット!四国電力の総発電量より多いそうです。これをなくせば発電に今より力をかけなくてよくなる分だけ二酸化炭素の排出量を抑えられるというわけです。
ですが記事を見る限り電線を金属管で覆わなければならないようなので、電柱などで使うのは無理そうです。最近福山市でも増えてきた地中埋設でなら利用できそうですが・・・果たして普及するでしょうか?送電効率はよいでしょうが、どう考えてもコストが高いでしょう。
しかし僕が大学のころ研究していた技術がこうして実用化のめどがたっていくのには感動しますね。
by tuka0216 | 2007-09-07 08:12